がんばっても報われないと思って諦めていた人必見!

女性の本音

 

最近はさまざまな恋愛のあり方があり、草食系男子といったワードや専業主夫という存在など従来の男女のあり方を覆すような風潮があります。

 

女性が男性を養って、自分は会社でバリバリと働いている、いわゆるヒモ男調教系の女性や積極的に男性をハントする肉食系女子の存在など、少なくとも一昔前に比べれば女性は活動的になり、アクティブな生活をしているように思います。

 

<デート1回の料金相場についてはこちら。>

 

 

女性は愛するよりも愛されたい

しかしその一方で永遠のテーマとして女性は「愛するよりも愛されたい」という本質を持っているということを忘れてはなりません

ハートを持つ女性のバナー

 

女性はあくまでも受け身の存在であって、主体性をもって誰かに愛のアプローチをするというよりも、男性からのアプローチをじっと待って愛されることを選ぶ方がずっと楽だし結婚後の子育てを考えても効率が良いのです。

 

ですが、もちろん女性だって恋を負い、自分から愛したいという気持ちを愛情深く相手にぶつけたいという気持ちを持っています。

 

 

 

女性は不安に感じることが嫌い

また、女性は不安を感じることを嫌います

 

特に「相手の気持ちがわからない。」「自分が愛されているのか確信が持てない。」「もしかして浮気をしているのでは?」といったことは、女性のメンタリティに大きなストレスをもたらせます。

 

男性を追い続けても報われない、気持ちが伝わらないという状況の中で、同時に自分のことを無条件で愛してくれたり、思い続けてくれる存在が現れたら、高い確率で女性はその男性に靡いたり、その男性を選ぶようになります。

 

 

 

女性は無条件に愛してくれる人を愛することができるようになる

また作家の三島由紀夫さんによる女性は男性よりも愛に関しては専門家だということです。

 

男性であれば好きでもない女性、自分のタイプではない女性を愛することはなかなか難しいです。しかし女性はというと、自分を愛してくれているという条件さえあれば、それを自分が愛する力に変えていくことができます

 

これは男性は恋愛に関して、「頑張ればなんとかなる。」という教訓を如実に教えてくれているような気がします。

 

女の子と交際したい、付き合いたいと思ったら、どんな形であれ与える愛・愛することを貫きたいですね。