話し合いで解決できたと感じたら、次はスキンシップによって女性に安心感を与えてあげます。

ケンカした時には

 

ケンカする恋人同士

 

女性と男性とでは価値観や考え方、求めているものが違ったりするので付き合いが長ければ長いほどケンカをする頻度も高くなっていきます。

 

たとえば男性にとっては面倒に思えるような事でも、女性にとっては大切な事であり蔑ろにして欲しくないと考えている事もあり、こうした価値観や考え方の違いでケンカが勃発してしまうケースも数多く見受けられます。

 

たとえば彼女と初めて付き合った日を男性側が忘れていたり、記念日を疎かにしてしまった時などは女性側が不満を覚える事も多く注意が必要です。
もし大切な彼女とケンカをしてしまった場合、絶対にNGなのが「メールで謝罪をする事」です。

 

 

メールでの謝罪はNG!

よく女心は複雑だと言いますが、互いの主張がぶつかり合ってケンカをしたときにメールで謝罪されただけでは納得しない女性が大半を占めます。

 

相手が男性であればメールでの謝罪は有効かもしれませんが、女性の場合は「直接的なコミュニケーション」を重要視している人が多いのでメールでの謝罪は逆効果になってしまう可能性すらあります。

 

そのため、ケンカをした後に謝罪をする場合はメールを避け、直に会って謝罪をするか最悪でも電話を掛けて謝罪を行うように意識する事が大切です。

 

 

女性は直接的なコミュニケーションを求めている

多くの女性はケンカした相手と仲直りをする場合、直接的なコミュニケーションを図りたいと考えています。

 

また、相手には言葉や態度で愛情や謝罪の気持ちを示して欲しいと望んでいる女性が大半なので、男性側はたとえ面倒に感じたとしてもなるべく会って謝罪をするか、多忙な時はせめて電話で相手と直接言葉を交わすように心がけることが大切です。

 

また、ケンカをした後の謝罪中、どうしても自分の言い分を女性に伝えたくなった時は簡潔に伝えるように心がけ、なるべく嫌味のないように気をつける事も大切です。

 

話し合いで解決できたと感じたら、次はスキンシップによって女性に安心感を与えてあげる事も重要です。
たとえば抱き締めてあげたりキスをする事によって相手に安心感を与える事が出来ますし、医学的にもスキンシップが仲直りに効果的だという事は立証されているのでお勧めです。