一年に一回の交際記念日や結婚記念日には、食事や旅行など一大イベントとしてお祝いしましょう。

記念日はどれくらい作る?

 

考える女性

通常、ほとんどの男性にとって記念日というのはそれほど深い意味を成してはいませんが、女性の場合は何かと理由を付けて記念日を作りたがる傾向が見受けられます。

 

一般的な記念日としては誕生日や交際をスタートさせた日、結婚した日などが挙げられますが、そのほかにも理由さえ作ってしまえばどんな日でも記念日に成り得てしまいます。

 

女性の場合、記念日が多ければ多いほど嬉しく思う人が多いため、女性の気持ちを掴みたいのであればたとえ面倒に思えても多くの記念日を作り、提案してあげる事が大切です。

 

 

記念日の数の目安

記念日の頻度としては一年に1回~2回程度が一般的ですが、それだけでは不満に感じてしまう女性が大半を占めています。
そのため、男性側は少なくとも年に3回~4回程度の記念日を制定して女性の精神的な欲求を満たしてあげることが大切です。

 

たとえば交際をスタートさせた日をひとつの記念日とするなら、交際から数ヵ月後の同じ日にもう一日制定する事で記念日の数を増やすことが出来ます。

 

多くの女性は記念日を大切にしたいと願っているので、少なくとも「三ヶ月に一度」くらいの頻度で記念日を作ってあげると素敵な関係を維持するのに役立ちます。

 

 

忙しいときには

また、忙しくて記念日を祝う時間がないという人の場合はせめてメールや電話でも良いので制定した記念日の当日に連絡を入れてあげると女性の不満も少しだけ和らぐので覚えておくのが無難です。

 

ちなみに交際記念日や結婚記念日のように一年に一回しか訪れない記念日の場合、なるべく食事や旅行に行くなど「一大イベント」としてお祝いする事で二人の関係をより良好に保つ事が出来るようになります。

 

逆に記念日を忘れていたりまったく祝う素振りを見せない等、女性を幻滅させる態度を取ってしまうと男女関係は長続きしないと考えておくのが無難です。
もし女性との関係をより良い形で継続させたいのであれば、記念日の重要性をしっかりと把握しておく事が大切です。