意外に多い仕事か恋愛かの選択はけっこう重要です。女性の望む最適な回答を準備!

仕事と恋愛の優先順位

怒っている女性のバナー

 

よく女性は

「私と仕事とどちらが大切なの?」

と男性に迫るというイメージがあります。

 

「女性と男性では仕事に対する考え方は少し違うのかな?」と思える例でもあると思います。

 

女性にとって恋愛は非常に重要で、仕事よりも重要度が高い人生のイベントであり、テーマであると考えることができます。

 

 

翻って男性にとってみれば仕事が人生の中で一番重要なイベントでありテーマです。

 

この仕事を取るか、恋愛を取るかどちらを選択するのかという設問は男性にとって非常に困ってしまう質問です。

 

実はこれは女性側としては、男性に「自分との時間を選んで仕事を休め」と迫っているということではなくて、この男は「どれくらい仕事に対しての意識が高いんだろう?」と試験しているという説もあります。

 

女性というのは、男性が仕事ができることを男性よりも高く評価します。

 

男性が仕事に対して責任感があるか、真面目に取り組んでいるか、どれくらい能力のある人間なのか、ということを職場の上司以上に敏感に観察しています。結婚して主な収入源になってもらう必要のある男性が仕事ができないなんていうことはありえません。

 

この意味で交際している女性に対して、自分が仕事に対して熱意や情熱を持って取り組んでいるということをアピールすることは非常に大切だといます。

 

 

 

その一方で増えている専業主夫願望

主夫のバナー

その一方で社会でバリバリと働いて出世している女性も多く、そういった女性はむしろ男性に専業主夫として自分を支えてほしいと思っている女性もいるようです。

 

本当に稼げる女性であれば、むしろ自分よりもステータスの高い男性を探すよりもこのほうが効率がいいのではないかとも思います。

 

もし男性で自分が仕事があまり得意ではなく、家事や育児の方が向いているという男性はこういった女性をターゲットにしてみるのもいいかもしれません。しかし勘違いしてはいけないのは、こういった女性の割合は全体としてみれば少数であるということです。